シアリスとタダリスsxは同成分だが値段が安い!

タダリスsxはED原因を退治ED

シアリスと個人輸入でED薬を通販購入するのが当たり前ですが、ちょっと知識がある方ならばブランド名は気にせずに、タダリスsxを選んでいます。
なぜ、タダリスsxはED経験者から選ばれているのでしょうか?

答えは簡単な理由です。
・タダリスsxは先発品と同じ成分。
・同じ効果なのに値段が数分の1。

「先発薬のシアリス」と「後発薬のタダリスsx」の違いはないが値段の違いが大きい!

製品名主成分販売元効果副作用
シアリスタダラフィル日本イーライリリー㈱同じ同じ
タダリスsxタダラフィル印度アジャンタ・ファーマ社同じ同じ

三越屋での「タダリスSX」ならば、104円/錠~です。
*20200209時点

価格は変動しますので確認してください。

タダリスsxはどんなED治療薬か?

ED原因の酵素を退治

ED薬は、ED原因である勃起を阻害する酵素(ホスホジエステラーゼタイプ5)をやっつける薬です。勃起は単に男性器に血液が送り込まれるのですが、ED状態の方は、その生理現象を止める酵素が多く存在します。

ですので治療は簡単です。その問題有る原因物質を排除すれば良いのです。

なぜ、海外個人輸入でタダリスSXの通販購入者が増加中なのか?

私も初めは通院族でした。

決して安くはない通院コストでしたので、クリニック処方ですとセッ〇ス単価(薬価)が3,000円/回と高くつきました。
ですので、一生懸命ネットでED薬について調べました。

風の噂で海外ED薬の値段は驚きだ!と知り、ジェネリック薬、個人輸入、海外医薬品等のキーワードでタダリスsxにたどり着きました。

ED薬では、タダリスSXかカマグラゴールドの2選択という事も知りました。

どこの海外輸入代行でもタダリスsxは1錠当たりの値段が100円程度でした。

しかも、通販のように待っていればタダリスsxが届く便利さ!

タダリスsxの海外通販購入が好まれる理由

病院での処方よりも海外個人輸入通販が好まれる理由としては以下の感じでしょう。

理由1通院が恥ずかしい。

理由2:個人輸入ならばクリニック処方よりコストが数十分の1

理由3:通院は大変面倒。ですが、ネット通販ならば支払いも簡単で自宅まで届けてくれる。

通院が恥ずかしい?

まずは、通院が恥ずかしいというのは、「若い女性の看護婦さん!」
というのは通院してたクリニックにはいなかったです。
ですが、ED検査の際の質問が簡単な、こんなの事前にネットで調べたED自己診断と同じ内容でした。

質問としては、こんな感じです。
・最後にセッ〇スをしたのはいつ?
・行為の一般的な時間は?
・中折れはある?
・ED状態はどれくらい続いている?
・喫煙、飲酒等、、、。


そして、血圧を測ったり、聴診器をあてがわれましたが、普段健康診断で健康体の私にはあまり意味のないものでした。

診察が恥ずかしい?

もっと、レントゲンや血液検査を期待してましたが、そのような検査はありませんでした。

わざわざ、都内まで出向いて診察を受けて、毎回処方をしてもらわなければなりません。
時間とコストがかかって仕方ありませんでした。

値段が安いタダリスsx

なぜバイアグラではなくタダリスsxを選ぶのか?

タダリスsxを選んだ理由は、値段が安いのはもちろんですが、

副作用が少ない。

・タダリスsxの効果時間は最大36時間と最長。

バイアグラを使用していた時は、空腹時の服用が必須でしたためデート時の服用タイミングの調整が面倒でした。
結局、食事を満足にできず空腹状態で力がない状態でした。

ですが、タダリスsxは食事の影響を殆ど受けないのでタイミングの調整は不要です。

バイアグラとタダリスsxを比較

タダリスsxは効果が穏やかですのでEDが重度でない方には十分かと思います。

バイアグラは服用から3時間位が一番硬く(カチカチ)なる気がします。

タダリスsxは朝服用すれば1日効果が継続します。

タダリスsxのデメリット

タダリスsxのデメリット

タダリスsxはEDの症状が重度の方には物足りないかもしれません。

先に述べたようにタダリスsxは効果の継続時間が最大36時間と長いのですが、効果が穏やかに続くという事です。

効果が「足りないなぁ」と感じる人は同価格帯のバイアグラのジェネリックのカマグラゴールドをお勧めします。

そして、タダリスsxは国内では販売されていません。
品質等の問題ではなく、先発薬のライセンス特許が残っているため日本国内では販売が出来ません。ですが、タダリスsx販売元国のインドは特殊なライセンス制度を持っているため日本国内へは個人輸入だけ入手が許されています。

タダリスsx利用時の注意点

タダリスsx利用時の注意点

タダリスsxに限らずED薬に全般に言えますが、脳や心臓など血管系の障害をお持ちの方は利用を避けてください。

血管を拡張するような種類のお薬を利用中の方も同様でタダリスsxの利用には注意が必要です。

副作用としては、顔の火照り、頭痛、鼻づまり、消化不良、、、、、等があります。

他のED薬と違い、タダリスsxに限っては副作用の頻度は10人に3人程度が症状も弱く出るようです。

タダリスsxで効果が感じられない場合は?

EDが重度の方にはタダリスsxは効果が弱い場合があります。
副作用が少なく効果が穏やかな反面、効きが弱い場合もあります。その場合は、異なる成分の同ED治療薬のカマグラを利用してみてください。

効果がないからといって服用量を増やすのだけは絶対に避けてください。
効果が出なくとも副作用だけが強く現れる可能性はあり大変危険です。

1日/1錠が最大限度で、次回服用まで24時間の間隔をあけてください。

ED自己診断でタダリスsxが必要か自己判断!

先に述べたようにクリニックにいっても、簡単な質問と問診をするだけです。

ネットにて情報で仕入れられれば、わざわざ高いお金を支払ってクリニックに行く必要も無いでしょう。まず前提として、

☑単発的な不調は必ずしもEDとは限りません。

肉体的、精神的に疲れがたまっているなど、一時的な不調なだけならばEDではないかもしれません。ですが、断続的な不調が長期にわたる場合はEDの可能性もあります。

☑何かしらの持病がある。(特に血圧、血管系(脳、心臓))

ED原因には、大きく分けると3種類あります。
①肉体的要因(血管等の血管)

②精神的要因(ストレスやトラウマ)

③薬の副作用(現在治療中のお薬)

この辺りは想像がつくかとは思われますが、特に注意が必要なのは「薬の副作用」になります。

つまり、何らかの薬で治療中と想像されます。
タダリスsxと併用禁止薬を服用されている可能性もありますので、このような方は、まずはかかりつけの医者に確認をして下さい。

どちらにしましても、薬の副作用や何か持病を持たれていない健康な方でしたら、

まずは、タダリスsxを試してみても良いでしょう。

それで効果が無い場合は、別のED要因があるかもしれません。

繰り返しますが、健康体ならば問題ないですが、問題なのは禁止されている方(何か病気の治療中等)や服用量として、1日/錠(初めは半分にカットして服用)等の禁止事項に守れば問題はないでしょう。

ですので、自分がEDと感じている方は、まずはタダリスsxを試し、次にカマグラで駄目でしたらクリニックに相談!

個人輸入でタダリスsxを発見した喜び

人輸入でタダリスsxを発見した喜び

ED薬がネット上で販売されているのは知っていました。
ですが、本当に効くの??と疑いが先行していました。
そして色々調べたところ、タダリスsxは「あの、シアリス」と同じ成分でしかも値段が数十分の1でした。しかも通販で手間もかからないのですからタダリスsxを試してみない手はありません。

薬は薬効成分の塊で、利用目的は薬効効果を享受する事です。
味や匂い、形、色、、、等は私にとっては、どうでもよく安く利用できる事が大変重要でした。

つまり、1錠当たり100円前後の値段のタダリスsxを試さない理由はありません。

タダリスsxは安全なの?やはり行きつく不安は信頼性!!

タダリスsxが安価に通販のように購入できることは分かりました。

そして色々調べて分かった事は、

・日本は特殊で海外の医薬品を個人で輸入が出来る特殊な国という事。

・海外医薬品も日本国内同様に安全性の検査等があります。

・ジェネリック薬の大手がインドだった驚き。

実はインドは「ジェネリック大国」と呼ばれているほどの医薬品生産国で有った事。

タダリスsxの購入前に厚生労働省のホームページも調べました。
・転売目的でタダリスsxを個人輸入であれば自由に購入が出来る。(個人輸入代行を利用)
大量でなければ良い。 (1ヵ月分の分量を超えない)

タダリスsxの製造元会社はアジャンタというインドの製薬会社です。
そして、
☑売り上げも何億とある大企業だという事。
☑ビジネスとして様々な国へ医薬品を輸出しており、各国の制度に対応して品質確保が出来ている事。

タダリスsxの安心できる製造元

タダリスsxの安心できる製造元

タダリスsxの製造メーカは「アジャンタファーマ(Ajanta Pharma Ltd)」。

研究及び製造拠点を7か所もっており世界各国へ輸出するための各国の制度認定を受けています。
主にジェネリック薬品の製造しておりますが、売上高が300憶円以上、従業員数も7,500名以上(2018年)あります。
*インドは1ヵ月の平均給与が4万円程度の生活水準で考えると、この売上高がどれだけ大きいのかが分かるかと思います。

重要なのはアジャンタを含め多くのインド医薬品メーカーは米国へも医薬品を提供しています。
そのために日本でいう厚生労働省(米国FDA)の認可を取得して輸出している事です。
つまり、品質や安全性が担保されなければ、米国FDAも医薬の輸出を認可する訳もありません。

タイトルとURLをコピーしました